竹内涼真、TBS系W杯スペシャルサポーター就任

世界中を熱狂させる大会の開幕まであと1カ月余。人気俳優の竹内涼真が、来月14日に開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、TBSの中継番組のスペシャルサポーターを務めることが決まった。

なお、同局のメインキャスターは5大会連続で加藤浩次が務める。

竹内涼真は5歳からサッカーをはじめ、ヴェルディサッカースクール相模原、高校時代に東京ヴェルディユースに所属。

ポジションはDF。サッカー推薦で大学に進学するが、「自分はプロ選手にはなれない」と思いサッカーを断念する。

竹内は大役抜てきに「このお話をいただいた時、泣きそうになるほどうれしかったです。サッカーをやってきただけに、サッカー関連の仕事が一番、緊張するんです。いっぱい勉強して、ワールドカップの魅力をお伝えできるように頑張ります!」と意気込んでいる。

また、彼は、初仕事としてスポーツバラエティー「炎の体育会TV 3時間SP」(12日後7・00)に出演する。

FFF(フランスサッカー連盟):5月17日、フランス代表メンバーを発表

フランス代表の公式ウェブサイトによると、オリンピックマルセイユとアトレチコマドリードのフランス人選手がUEFAヨーロッパリーグの準備を妨害しないように、2018ロシア大会向け、フランス代表選手メンバーの発表時間が5月17日の夜8時に延期することになりました。

現役のフランス代表の監督、ディディエ・デシャンが17日の夜で、フランス代表の記者会見に出席します。記者会見でフランス代表の選手メンバーを公開することになります。

オリンピックマルセイユとアトレチコマドリードの二つのクラブの中で、フランス代表のメンバーに選出される人は少なくありません。

グリズマンとルーカス・ヘルナンデスがアトレチコマドリードに所属しています。

フロリアン・トヴァン、ディミトリ・ペイェ、ジョルダン・アマヴィなどがオリンピックマルセイユに所属しています。

ご存知のように、UEFAヨーロッパリーグの優勝試合が本月16日で開催されます。

2018FIFAワールドカップ32か国サッカーユニフォームまとめ(Hグループ)

2018FIFAワールドカップが来月の14日、ロシアで開催される予定があります。4年に一番大切なワールドカップ本大会がやってきます。来月のロシアワールドカップ大会で、日本がポーランド、セネガル、コロンビアというHグループを戦います。

次は、Hグループの出場チームの実力などを簡単に紹介いたします。何か不明のところがありましたら、お気軽にコメントしてください~

ポーランド代表:

サッカーポーランド代表は東ヨーロッパの国家、ポーランドのナショナルチームです。ポーランドサッカー協会(PZPN) が管理されます。現役の監督はオランダ人のアダム・ナヴァウカです。サッカーポーランド代表ユニフォームのサプライヤーが「ナイキ」です。

1921年12月18日、ポーランド初の国際試合はブダペストのハンガリー戦で0-1で敗れました。1970年代から1980年代はポーランド代表の一番輝きの時代だと思われます。彼が、1972年のオリンピク大会で金メダルを獲得し、1974大会と1982大会でワールドカップ3位を獲得しました。また、1976、1992年のオリンピクで銀メダルを獲得しました。

サッカーポーランド代表が1980年代後半に不振に陥り始め、1990、1994と1998年の三大会で連続して予選敗退しました。その後、2002年と2006年大会が連続出場しましたが、2度もグループリーグで敗退しました。2010年と2014年大会にも連続して予選敗退しました。2018 FIFAワールドカップでは3大会ぶり8回目のワールドカップ出場を決めました。

欧州選手権には2008年大会で初めて出場しました。2016大会で初めてグループリーグを突破しました。ベスト8まで進みました。

セネガル代表:

サッカーセネガル代表はセネガルのサッカーのナショナルチームです。愛称はテランガのライオン。現役の監督はアリュー・シセです。サッカーセネガル代表ユニフォームのサプライヤーが「プーマ」です。

サッカーセネガル代表がアフリカで好調の成績を持っています。2002年のアフリカネイションズカップで準優勝を獲得し、同年のワールドカップ大会の開幕戦でもあった初戦で前回大会優勝のフランスを1-0で撃破し、世界中を驚かせました。最後が準々優勝を進出しました。2006年開催のアフリカネイションズカップではベスト4に進出しました。

2018年ロシアW杯アフリカ予選では3次予選グループD首位で、4大会ぶり2度目の本大会出場を決めました。

コロンビア代表:

1980年代後半から1990年代の初め、コロンビアのサッカーが素晴らしい時代が至りました。1998年大会でコロンビア代表がベスト16に進出しました。バルデラマの引退後は低迷が続き、ワールドカップにおいても1998年フランス大会の出場を最後に予選敗退が続きました。

2014年のブラジル大会で、強豪ぞろいの南米予選を2位で突破して4大会ぶりの出場を果たしました。その後、ワールドカップ大会で史上一番いいな成績をもうらいました。ベスト8に進出しました。

2018年ロシアW杯南米予選ではグループA4位で、2大会連続出場を決めました。

彼らのサッカーユニフォームのサプライヤーが「アディダス」です。

日本代表:

常識のものは略して、今まで、日本代表が、ワールドカップ史上の最高成績がベスト16です。今年のロシア大会で一体どんな成績を取られるのか、来月の表現を一緒に楽しみましょう~

ところで、あなたは日本代表を応援しますか、サムライブルーのサッカーユニフォームをお持ち帰りましょうか